2014/07/27

思い出は美化される

激流育ちのたくましいスズキが釣りたくて、とろけそうなくらい暑い磯。


ほんの2、3投目、強い流れを捉えていたミノーのテンションが一瞬抜け、竿に魚の重量がのる。

どうやらスズキではなさそうな感じ。

偶然現場で居合わせた隣の名手に、それにしてもえらいよー引くチヌですわ~と。

すんなり寄せ、見せた姿はカンパチだったんです。

その後、二度ほど足元への突っ込みを堪えて波にのせてずりあげる。

 
 
釣れるとは聞いてはいましたが、まさか自分に釣れるだなんて!
 
 
ヒラスズキの竿でもあっさり上がるもんやねと高を括っていたら、同じくミノーでドスンともう一発!
 
皆さんご存知の、掛けた瞬間「あっ、これは無理かも。」って奴。
 
水圧がなかなかのもんで、一回反転されたら糸がじゃんじゃん出る。
 
騙し騙し寄せた後の何回目かのダッシュで、とうとうパン!っとラインブレイク。
 
 
この瞬間、僕の頭は沸点超え!
 
 
 
 
気付けば二日後、スズキの事はどこへやら、青物タックル片手に磯に立つ始末。
 
しかしこのハイ・ボルテージとは裏腹に、潮は流れず、海草だらけ。
 
 
それでも数時間辛抱すれば、ようやくいつもの様子を取り戻し、僕もいよいよ本調子!
 
 
走り出した潮はどんどん加速していく!
 
そして、流されながらも寡黙にポッピングを続けていたルアーにでっかい水柱!
 
 
一気に寄せて、ランディング!
 

 
 ぐつぐつ煮立った頭もとりあえず微熱程度に。
 
 
 やられた奴はもっと大きかったかもしれませんし、小さかったかもしれません。
 
 
 
ただ数年後、両手を目いっぱい広げた僕は唾を飛ばしながら、「僕なぁ、こんな畳二畳ほどある奴にやられたんや!ほんま機関車みたいな奴やったで!」
 
なんて言ってる事だけは確かでしょうね。
 
 
使用タックル
ブラックアロー110MH
青弓110H
アローヘッド140F、S
スプラッシュヘッド120、140
友人作のダイビングペンシル
 
 


2014/07/14

最高のちょっと手前

誰かが水位80センチ位が良く釣れるよって言ってた。

5日程前から水位をチェックしながら、その良しとされているタイミングで川へ入ることが出来ました。



大きな瀬が連なるその脇に立つ。
ウェーダー越しに感じる少し冷やっこい水と玉砂利の感触が、まるでいっちょまえのリバーサイダーになったかのような気持ちにさせてくれる。


キャスト毎に角度を変えながらルアーを通していく。
ひと際強い流れに落ちたルアーは弧を描いたラインに引っ張られ、やがて少し流れが緩んだスイートスポットへと吸い込まれていくのです。

そして、竿を通じてあのゾクゾクする水圧が手元に伝わる。
その3秒後位に、ギャッ!!っと!

確かな重みを竿全体で受け止めつつ、顔を出した魚にボガグリップを掛ける。


どうしてでしょうか、僕は上流部での1匹にすごく価値を見出しているのです。


その後迎えた朝マズメは少し下った場所にて1匹。


そして、仮眠後のド日中。

以前から何度か試みるもののエントリー経路が見つけられず、躊躇していたポイント。
改めて突き進んでみると、意外にもあっさり水辺に。

水量も多く、本流の流れが差すシチュエーション。


初場所という事もあり、様子見でとりあえずふわっと投げた1投目が怒涛の連発の始まりでした!



 
良い流れを捉えることさえ出来れば1投1匹とまでは行かずとも、とにかくバイトバイトバイト・・・

そんな最中に特大サイズが混じるものですから、慎重さに欠け、すんでの所でバラしてしまうのです。

いざランディングという時に豪快なエラ荒い一発でルアーが吹き飛ばされ、その光景は今でもスローモーションで頭に焼きついています。

それでも、そんな悲しい出来事なんぞ無かったかのようにバイトは続くのです。


読みが的中と言えばカッコが付きますが、見つけたポイントにたまたま魚がしこたま入っていたのでしょう。




そして最後に訪れたポイントで数匹。

 
 
 
 ほんとのどかな所、最高の気分ですよ。
 
 
 




でもやっぱり思い出すんです、あの1匹とれてたらな~って。



使用タックル
ブラックアロー93ML
アローヘッド140F、バンズSRF125、FVM、TKLM12/18、CD9、バリッド70 他