2014/10/16

結局のところ

ぼさっとしていたらいつの間にやら秋の入り口。

台風のうねりで東はぐちゃぐちゃ、西は狭い範囲で程よい具合な少し前。


夜明けと共に見た目当ての磯にはほとんど波はなく、急いでさらに南下。


ぜえぜえ言いながら磯へ下りましたが、岩の向こうに竿の穂先が見え隠れ。
数秒考えた後、再び車へ。


二箇所目にと考えていた磯はまだまだ潮位が高くてイマイチな感じ。


てな訳で、ガキの頃に1匹だけ釣ったことのある磯に行ってみることに。





当時の僕の記憶ではパッとしない印象でしたが、何年か振りに見た磯はなかなか良い感じじゃないですか!

しかし、投げども投げどもバイトはなし。

そして辿り着いた岬のド先端の割れ目にてルアーを見切って魚が反転!

すぐに投げたい気持ちを抑えて、心ここにあらずで付近のサラシもチェックしてみる。


十分に寝かせたところで元の位置に戻りまして、大事に大事に波待ちして満を持してのキャストで、ドンってやつです!

しかし、悲しくもジャンプ一発でルアーが宙を舞う。


もう、わー!!って見境無く投げ倒した何キャスト目かにもっぱつドン!って!




 

やっぱりそんなんか!




使用タックル
ブラックアロー110MH
アローヘッド120F、S、140F、ビーフリーズ100HS、シコトゥイッチャー 他